Dr.column

院長コラム

ピロリ菌除菌を希望される方へ

胃、十二指腸潰瘍の多くは、ピロリ菌が関与していると言われています。

また、胃癌の主な原因になっていることもわかっています。

 

胃カメラで行った方で、ピロリ菌の感染が判明した方が、除菌治療の対象になります。

具体的には、3剤を組み合わせた内服薬を1日2回1週間内服していただきます。

内服終了2ケ月後に来院していただき、除菌の確認をします。

現在では、約80パーセントの方が除菌(1次除菌)に成功すると言われています。

除菌できなかった場合でも、希望されれば薬を変えて2回目の除菌を行うことができます。

一、二回目の除菌を合わせると約95パーセントの方が除菌に成功されています。

治療を希望される方は、お気軽にご来院ください。