Dr.column

院長コラム

H29年4月から、水曜日が休診になります。

最近、待ち時間が長くなってきており、ご迷惑をおかけしております。

これまで待ち時間を短縮させるために、いくつかの対策を講じてきましたが、

予想を超える患者数の増加のため、充分な効果が出ていないのが実情であります。

今後も待ち時間短縮に向けて、さらなる努力を続けていきます。

 

このような状況の中、平成29年4月から水曜日に公務が増えること、および最近

時間外勤務が多くスタッフが慢性的に過重労働になっていることを考慮し、

H29年4月1日から、下記のように診療日時、および受付時間を変更させていただきます。

皆様には多大のご迷惑をおかけする事になり大変申し訳なく思っておりますが、

やむを得ない対応であることをご理解いただきますようお願い申し上げます。

 

【診療日時の変更】

(現在) 水曜日は9:00~12:30まで診察

(変更後)水曜日は休診になります

【受付時間の変更】

(現在) 午前が9:00~12:15まで。午後が14:30~17:45まで

(変更後)午前が9:00~12:00まで。午後が14:30~17:30まで

 

認知機能向上トレーニングを始めます。

H28年11月より、訪問(出張)認知機能向上トレーニングのサービスを始めます。

 

町内会や、交流会での企画の一つとして、シナプソロジーや。コグニサイズという

プログラムを用いた認知機能トレーニングを出張で行います。

脳を刺激して、楽しむことを目的としておりますので、年齢を問わず(子供さんでも)

ゲーム感覚で、笑いながら、仲良く時間を過ごしていただけると思います。

人数や、年齢、目的に合わせたプログラムを行います。

 

希望される方、または、説明を希望される方は nitta1137sy@gmail.com   (1137は、数字です)

まで、ご連絡ください。

 

スタチン大活躍

02の10月号に、院長の記事が掲載されました。

スキャン_20140925

以下記事の一部を紹介いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♪

ヤンキースのイチローはバッティング、守備ともに卓越した技術を持ち、人々を魅力してきました。

薬の中で、イチローに相当するのが「スタチン」と呼ばれるコレステロールのお薬です。

スタチンは心筋梗塞を30%、また認知症も減少させることがわかっています。

そのほかにも、癌(前立腺がんや、大腸がんなど)のリスクを低下させることが報告されています。

あなたはあなたの体の監督です。スタメンでイチローを使うか、それとも9回裏で使うか、

決めるのはあなた次第です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・♫

当院では、内服はもちろんですが、運動や、食事についても詳しく指導させていただいております。

健診などでコレステロール値に異常があった方は、気軽にご相談ください。

 

 

 

 

不整脈が気になるあなた

 

北日本新聞の別冊月刊誌の02に、当院院長の不整脈についての健康相談が掲載されました。
EPSON MFP image
以下、本文一部を引用いたします。

『 脈が抜ける、脈が異常に遅い、脈が急に速くなるなど、脈の乱れを総称して不整脈と言います。
不整脈には放っておいてよいものから、心室細動、心室頻拍などのように突然死をきたすものまで
様々なタイプがあります。
不整脈の診断を行う際に必要な検査は、
心電図胸のレントゲン写真心エコー(超音波で心臓の動きを見ます)、
ホルター心電図(器械をつけて24時間の心電図をとります)などです。

この中で、ホルター心電図は、不整脈を発見し重症度を判定する検査として非常に重要です。
以前のホルター心電図は大きくて重く、また入浴もできず、特に夏場は大変な検査でしたが、
最近の器械はとても小さくなり、入浴もできるようになりました。
当院では、不整脈や、胸部症状がある方に、数台のホルター心電図を使い、24時間の
心電図検査をしています。特に予約は必要ありませんが、台数に限りがありますので、
後日来院いただくこともあります。三割負担で、検査料は4500円になります。
ホルター外寸 6.5×6.2×厚み1.8㎝

 

 

 

 

 

ピロリ菌除菌を希望される方へ

胃、十二指腸潰瘍の多くは、ピロリ菌が関与していると言われています。

また、胃癌の主な原因になっていることもわかっています。

 

胃カメラで行った方で、ピロリ菌の感染が判明した方が、除菌治療の対象になります。

具体的には、3剤を組み合わせた内服薬を1日2回1週間内服していただきます。

内服終了2ケ月後に来院していただき、除菌の確認をします。

現在では、約80パーセントの方が除菌(1次除菌)に成功すると言われています。

除菌できなかった場合でも、希望されれば薬を変えて2回目の除菌を行うことができます。

一、二回目の除菌を合わせると約95パーセントの方が除菌に成功されています。

治療を希望される方は、お気軽にご来院ください。

 

1 / 212