Dr.column

院長コラム

不整脈が気になるあなた

 

北日本新聞の別冊月刊誌の02に、当院院長の不整脈についての健康相談が掲載されました。
EPSON MFP image
以下、本文一部を引用いたします。

『 脈が抜ける、脈が異常に遅い、脈が急に速くなるなど、脈の乱れを総称して不整脈と言います。
不整脈には放っておいてよいものから、心室細動、心室頻拍などのように突然死をきたすものまで
様々なタイプがあります。
不整脈の診断を行う際に必要な検査は、
心電図胸のレントゲン写真心エコー(超音波で心臓の動きを見ます)、
ホルター心電図(器械をつけて24時間の心電図をとります)などです。

この中で、ホルター心電図は、不整脈を発見し重症度を判定する検査として非常に重要です。
以前のホルター心電図は大きくて重く、また入浴もできず、特に夏場は大変な検査でしたが、
最近の器械はとても小さくなり、入浴もできるようになりました。
当院では、不整脈や、胸部症状がある方に、数台のホルター心電図を使い、24時間の
心電図検査をしています。特に予約は必要ありませんが、台数に限りがありますので、
後日来院いただくこともあります。三割負担で、検査料は4500円になります。
ホルター外寸 6.5×6.2×厚み1.8㎝