Stance

治療に対する考え方

25年以上の循環器専門医としての経験を生かし、皆さまの健康増進に寄与していきます。

治療に対する考え方

循環器の検査に関しては、専門クリニックとしての基本的な検査は行っておりますが、心臓カテーテル検査や心臓CTなどの特殊検査は、病院と連携をとり優秀な専門医に紹介できるシステムになっておりますのでご安心ください。
また循環器のみならず内科全般にわたって最新の知識を積極的に学び、その知識をもとに治療に行っていきます。

さらに当院では、病気の予防に力を入れています。日本人の3大死因は癌、心臓病、脳卒中ですが、個々の人によってどの病気になりやすいということがチェック・リストによってわかりますので、その人が気をつけるポイントに対して集中的に指導することによって、生涯現役で元気に過ごすことができるよう支援をします。

循環器科とは?

一般内科診療に加え、循環器科専門医として循環器全般の診療、
病気の予防ならびに生活習慣の改善を含めたアンチエイジングの実践や指導を積極的に行っています。

診察イメージ

循環器科では、どのような病気を対象に、どのような診療を行うのかわからないという方も大勢いらっしゃるかと思います。循環器科で扱う領域は簡単に言うと、心臓と全身の血管になります。ですから循環器科では、高血圧、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)、不整脈、心不全、動脈硬化、コレステロールが高い方などが主な対象となります。

さらに、寝ている時に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群も、バス事故や列車事故の際にお聞きになった方がおられると思いますが、放置すると高血圧、心臓病、脳卒中になることから循環器科で治療を行います。日本人の死因の1/3は血管系の病気(心臓疾患、脳血管疾患)が原因です。「最近歩くと動悸や息切れがしたり、脈が飛ぶ」、「検診で心雑音を指摘された」あるいは「血管の動脈硬化が気になる」という方は、お気軽にご相談ください。