Staff blog

スタッフブログ

たばこをぷかぷか吸っているあ・な・た・♡

たばこは “百害あって一利なし” と言われておりたばこを吸うことでさまざまな健康被害が起こります。

忙しくって禁煙治療なんてとんでもないなんて言わないで・・・(^^♪

禁煙を達成すると良いことがたくさん待ってますよ~(*^-^*)

要らなくなった煙草代で(-。-)y-゜゜゜ご家族にプレゼントとかどうですか??

あなたの株価上昇すること間違いなし・・・(たぶん)

少しの時間を当クリニックの禁煙カフェでご一緒しませんか?

禁煙Ns Tでした~☆

禁煙カフェ2

 

 

 

2014年8月の休診のご案内

以下の日は、終日休診です。

3日(日)、10日(日)、14日(木)、15日(金)、16日(土)お盆休み
17日(日)、24日(日)、31日(日)

 

以下の日は、午後休診です。

2日(土)、6日(水)、9日(土)、13日(水)、20日(水)
23日(土)、27日(水)、30(土)

睡眠時無呼吸症候群について

北日本新聞の、別冊月刊誌である02に、当院の医療相談の記事が掲載されました。

CIMG7828

内容は、睡眠時無呼吸症候群についてです。以下に記事の一部を紹介いたします。

『あなたは、夜中ご主人のいびきで起こされたり、息が止まったことにビックリして目が
冴えてしまった事がありませんか?睡眠時無呼吸症候群は、夜間に呼吸が頻繁に止まる
ことによって、眠りが浅くなり、日中に眠気をきたす病気です。眠いだけなら昼寝をすれば
と思われるかもしれませんが、交通事故の原因になったり、高血圧、心筋梗塞、脳梗塞
危険が2~4倍になる怖い病気なのです。
 夜間に呼吸が止まる。大きないびきをかく、日中眠い、夜中に目が覚める、起きても
スッキリせず頭痛やだるさを認める、などの症状がある方は、睡眠時無呼吸症候群が
疑われます。ご自宅で簡単に検査ができ治療法も確立しています』

 

最近当院でも、中高年の男性からの相談が増えています。

症状に思い当たることがある方は、一度ご来院ください。

SAS3

 

 

 

 

 

 

 

お誕生日会(^^♪

初めまして、事務員Hです。

蒸し暑い日になったり、突然の雨で肌寒い 日になったりと、天気の変動が大きいですが、体調を崩してはおられませんか?

先日、私事ではありますが、〇回目の誕生日を迎え先生や皆さんに祝っていただきました。

皆で食べたアイスケーキはとっても美味しく、これからむかえる暑い夏を乗り切れそうです(^^)v

バースデイ・ケーキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月7日より禁煙外来を始めました。

にった内科クリニックでは、H26年7月7日より禁煙外来を始めました。

喫煙を続けると、心臓病、脳卒中などに、2~3倍かかりやすくなるといわれています。
しかし、煙草はニコチンによる依存症状があるため、ご自分での禁煙は困難です。
最近では、他人の煙草の煙を吸ってしまう、受動喫煙も問題視されるようになり、
日本では2006年4月から、禁煙治療が保険適用されることになりました。

禁煙を希望される方は、保険適用があるかの検査をした後、その方にあった禁煙治療計画をたて、
約3か月のあいだ、2週間ごとに受診していただき、不安因子を緩和し禁煙を続けていけるように、
カウンセリングをしながら、ドクターとスタッフが関わっていきます。
その間、禁煙後の離脱症状を抑えるため、内服薬を補助薬として処方します。

 費用は、3割負担の方で、3か月で約2万円となります。
予約制となっておりますので、希望される方は当院までお電話ください。(☎491-1322)
     *禁煙外来は、毎週、月、火、木、金曜日です。
19 / 21« 先頭...10...1718192021