Staff blog

スタッフブログ

H29年度インフルエンザ予防接種のお知らせ

10月23日(月)から、インフルエンザの予防接種を始めます。

当院では、小学校以上の方に接種いたします。

なお、診療を円滑に行うため、1日のワクチン接種人数を

制限させていただきますので、ご了承ください。

今年度は、防腐剤を含まないシリンジタイプが主となります。

本数が不足した場合、防腐剤を含むバイアルタイプに変更になる可能性もあります。

 

インフルエンザの予防接種は自費診療となります。

当院では13歳以上は3000円

13歳未満は2回接種で、1回目は3000円。2回目は2800円となります。

接種権をお持ちの方は、券に表示されている金額になります。

 

診療日時と、受付時間の変更のお知らせ

H29年4月1日より、診療日時と受付時間が変更になります。

【診療日時の変更】

(現在) 水曜日は9:00~12:30まで診察

(変更後)水曜日は休診になります

【受付時間の変更】

(現在) 午前が9:00~12:15まで。午後が14:30~17:45まで

(変更後)午前が9:00~12:00まで。午後が14:30~17:30まで

 

(注) 現在、午前中の受付け人数が限界を超えた場合、午後の診察にまわっていただいておりますが

それは継続させていただきます。

特定健診が始まります。

平成28年度は、5月16日(月)より、特定健診が始まります。

当クリニックでは、

特定健診、後期高齢者の健康診査、

肺、大腸の癌検診

前立腺癌検診、肝炎ウィルス検診が、受けられます。

受診券、保険証をお持ちください。お持ちの方は、当クリニックの診察券もご持参ください。

 

現在、一般の診療の待ち時間が長くなっております。

予約は必要ありませんが、場合によっては、健診のみ別の日に変更いただくことがございます。

ご了承いただきますようお願いいたします。

睡眠時無呼吸症候群の検査について

最近、大きないびき、日中の眠気や、起床時のだるさなどを訴えられて、

睡眠時無呼吸症候群の検査希望で、来院される方が増えています。

 

症状を伺って、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、

2日間、自宅でできる、睡眠時の簡単な検査をしていただきます。

 

その結果を分析して、必要に応じて精密検査や、治療を進めていきます。

お仕事の関係で、何度も通院が難しい場合、

予めお電話していただき、検査の予約をしていただくことも可能です。

詳細についてお聞きになりたい場合は、診察時間内に

いつでもお電話ください(076-491-1322)

 

 

 

 

 

感染性胃腸炎に注意!

 

感染性胃腸炎は、冬場に流行する代表的な感染症ですが、

最近当院では患者さんが増加傾向にあります。

感染性胃腸炎とは、主にウイルスなどを原因とする胃腸炎の総称で、

ノロウイルスなどが有名です。

 主な症状は、腹痛、下痢、嘔吐、発熱などです。

感染経路は、感染者の便や、嘔吐物、その人が触れたものを他の人が口にしたり、二枚貝にウイルスがいて、不十分な加熱で食べた場合などが挙げられます。

治療法は対症療法となります。嘔吐、下痢が続くと脱水になりやすいので注意が必要です。

何を飲んでも全部吐いてしまう状態が長く続くときは、点滴を行います。

予防で最も大切なことは、手を洗うことです。ノロウイルスは、感染力が非常に強く、

ウイルスが少なくても感染します。手洗いは、石鹸を使い、丁寧に2度洗いします。

消毒には、一般の、アルコールなどではなく、市販のノロにも効果があると記載されている消毒薬か、台所用漂白剤などを希釈して使います。

塩素濃度5%の場合、嘔吐物などの処理には500mlペットボトルにキャップ二杯が目安です(器具や家具は、5倍に薄めてください)

二枚貝は、充分に加熱してください。

症状がなくなっても、約1週間は便の中にウイルスが含まれている可能性があるので、手洗いや、消毒を徹底することが大切です。

 

 

 

1 / 212